空調・電気・住宅設備工事会社

 
 
HOME > 採用情報 > 応募前にお読みください 雇用形態について
 
応募の前にお読みください

【雇用契約の種類】

既に電気工事の資格や経験があり、「独立」という目標がはっきりしている方は「契約社員」「見習い工」という有期契約になります。
正社員契約とは待遇面が大きく違いますが、独立に向けて各種サポートをしています。
*通常の正社員でも独立を目指す事は出来ますが、設備の関係上、独立を前提とした契約より多くの年数を要する事になります。

【採用時の契約】

最初から独立を目指す方は条件の確認が必要ですが、通常は正社員雇用になります。
・技術職で自分に出来るか不安
・自分が思い描く仕事かどうかわからない
など、不安がある方などは「アルバイト」から始めていただくことも可能です。
独立も最初から決めるのではなく、仕事の中で情報を得て目標にする方もおられますので、例え正社員契約をしていても独立前の1年間は契約社員に契約変更をします。

【契約社員とは】

派遣でよくある「期間が過ぎたら会社が再雇用を検討する」というような意味合いではありません。
最初から独立を目指す方は短期間で退職することを前提に入社し、習得した技術や資格を利用して退職後は商売をするので、学校に近い状況になりますので、正社員との差別化のための契約種別です。

【途中で目標を変更できます】

上記にもありますが、経験を積んでいき判断される方もおられると思いますので、途中で目標を変えることが出来る仕組みにしています。
その都度、雇用契約を変更する必要がありますが、会社としては社内から支えていただく方、社外から協力会社として支えていただくこと、どちらでも当社を末長く支えていただき、共に発展していただけるのであれば良いと考えています。

スキルアップに応じた給与設定

当社の給与は技能に応じた能力給の設定をしておりますので、仕事を覚えて施工が出来るようになり給与が上がる仕組みです。
仕事を覚えるまでの補助作業は売上への貢献度が低いためです。
当社の売る商品は「技術」ですので、提供できる技術が身についたところからが「業績に対する手当て」の支給が出来るようなり、施工補助と技術者との格差が出てきます。
未経験仕事を覚えて戦力になるまでの期間に個人差があるので、明確な表記はしていませんが、がんばって結果を出す方には給与に還元する仕組みになっています。
 

入社後でも目標の変更が出来ます

独立を目指して入社しても社員でいる方がよく思えたり、その逆に最初は独立する気などなくても後から魅力を感じて目指したくなれば途中で目指すところの変更が出来ます。
 

採用時に決めつけずに、入社後いろいろな情報を得て将来について検討していけば良いので興味がある方はとりあえず仕事を始めるという考えでも良いと思います。
 
不明な事はお気軽にお問い合わせください。
メール、電話、随時受け付けております。